海外ファンドを活用するためには?

資産運用を海外ファンドでと考えている人もいるのではないでしょうか。 これだけ海外ファンドの存在感が高まっているのですから、そのように考える人が増えていても決しておかしな話ではありませんが、海外ファンドを活用するのであれば、海外ファンドにもいろいろなものがあるという事は知っておくべきです。日本の証券会社・投資信託がそうであるように、海外ファンドもまた、様々なものがありますので、一概に「海外ファンドはこうだ」と判断する事は出来ません。場合によっては当てはまらない事だって多々あるのですから、それらを加味した上で海外ファンドを選ぶべきです。 営業利益や損益、従業員数、歴史。これらを総合的に勘案した上で選ぶべき海外ファンドを見出すべきでしょう。「海外ファンドなら何でも良い」「海外ファンドなら何でも利益をもたらしてくれる」と考えている人もいるようですが、海外ファンドも十人十色、千差万別です。良い海外ファンドもあれば、そこまでではない所もありますし、経済力次第ではそこまで魅力的ではない商品もあります。どのようなサービスであっても、細かい部分までしっかりと精査した上でいろいろと調べなければならない点は言うまでもありません。

Posted in ビジネス関係 | No Comments

分配型ファンドとして人気のJ-REIT

高齢者が投資信託を行うことのメリットとして、年に数回分配金が得られることです。若い方は複利運用を目的にファンドを選ぶことが多いので、分配金のない無分配型の投資信託が人気ですが、高齢者の場合は長期向けの投資よりも短期でより安全に資産を運用し、定期収入を得ることを目的に投資をする方がほとんどですので、年に数回、定期的に分配金を得ることのできる分配型の投資信託が人気です。 分配金が得られるファンドというと株式型のファンドが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、実はJ-REIT型のファンドも人気です。J-REITは不動産の投資信託です。J-REITの収益はキャピタルゲインよりもインカムゲインが魅力と言われています。というのもJ-REITは収益が安定しており、分配金がコンスタンスに支払われています。J-REITが投資する不動産は賃貸目的としたアパートやマンションの他にもオフィスビルや商業施設、インフラ施設など様々な種類の不動産になるのですが、これらの不動産は収入源が毎月得られる賃貸収入ですので、リスクが少ないのです。確実性のある収益があれば分配金はコンスタンスに発生しているので、収益が予想しにくい株式会社よりも安全性が高いのが特長です。

Posted in 投資関係 | No Comments

比較的に安心した投資ができる投資信託

これから日本では年金不安が高まるようになっています。今後、少子高齢化が高まるようになり、公的年金の支給額が減ってしまい、さらに支給年齢が高まるようになるといわれています。 このような状態になると、老後の生活においてゆとりが持てなくなってしまうため、足りなくなる老後の生活資金を自分でつくる必要があるとされています。 いま資金づくりとして、投資による資金づくりに関心が高まるようになっています。投資には、さまざまな方法がありますが比較的に低リスクで投資ができる投資信託が人気となっています。 投資信託は、投資ファンドが多くの人から資金を集めて、不動産や株、金融派生商品に投資を行なって利益を上げる方法です。この方法では、投資の専門家が運用を行なうため、自分で行なうよりも確実な投資が行えるようになるといわれています。 これは、投資としてリスクが低く、安定した資金づくりを可能なものとしてくれるようになります。投資信託は、少ない資金でも、本来投資できないものによって利益を上げることができるといったメリットがあります。そのことから、この方法は、今後、比較的に安心した投資ができる老後の資金づくりとして活用が期待されるようになっています。

Posted in 投資関係 | No Comments

オフショアファンドは分散投資で運用

オフショアファンドは銘柄の分散投資を行います。よく分散投資を例える際に「タマゴを1つのカゴに盛るな」という格言があります。複数のタマゴを1つのカゴにすべて盛ると、落下させてしまった時にすべてのタマゴが台無しになってしまいます。しかし、複数のタマゴを1つのカゴに1つずつ分けて盛ることで、1つのカゴを落下させても他のタマゴは無事なので、すべてのタマゴが台無しになることはありません。 投資も同じ考え方ですべての資産を1つの投資商品に集中させてしまうと、その投資商品の価値が下がった時に投資家の資産全体の価値も下がってしまいます。そのリスクを分散させるために、投資のセオリーとして投資先は分散させることと言われています。仮に1つの投資商品の価値が下がってしまっても、他の金融商品がカバーしてくれるので、集中投資をするよりも分散投資が望ましいと言われています。 オフショアファンドの銘柄の分散投資にもやり方は様々です。すべての資産を単純に銘柄で分散させるのではなく、なるべく値動きの異なる投資商品を分散させると良いです。たとえば中国株式を3割、ブラジル株式3割、インド株式4割などで分散させると、1つの国全体が下落しても他の国でカバーすることができます。

Posted in 投資関係 | No Comments

ヘッジファンドという投資組織

投資において妙な値動きをする日に遭遇した経験はないでしょうか。一瞬値動きが激しく動いたかと思うと、すぐに反発して元通りに、あまりの短期間のことですからあっけに取られてしまいます。経済ニュースなどでこの動きについて確認しますと、「世界情勢により相場がパニックを起こした」という説明で終わっています。 政治的要因で投資家がパニックを起こす。もっともらしい理由なのですが、本当にこういう理由なのでしょうか。仮に戦争が起こってしまうほどのニュース飛び込んできたならいざしらず、大の大人が経済界の主要人物の発言程度で取り乱すなど滑稽な話です。 実はこの手の値動きは、ヘッジファンドという団体が意図的に仕掛けた相場の変動という可能性が高いのです。 ヘッジファンドとは、富裕層から集めた資産で投資界で幅を利かせている団体です。彼らの目的とは利益追求。運用している資産を使って、あらゆる手を使い自社の資産を増やしていくことを目的としています。そのあまりのモラルの無い資産の使い方に、ヘッジファンドは投資業界のハゲタカ、などといった揶揄をされて経済界から軽蔑されている組織でもあります。投資を行なう際には、ヘッジファンドの仕掛けには十分気をつけて貰いたいですね。 ためになる投資情報はココ!

Posted in 投資関係 | No Comments